るるぶトラベルのキャンセル料いつから?賢く避ける方法

私は今まで数種類の宿泊予約サイトを使用して旅行をしてきました。
そんな私がるるぶトラベルを使用してキャンセルしたときの体験を話しますね。

るるぶトラベルは、JTBが運営する宿泊予約サイトです。
国内旅行の予約に便利な人気サイトですが、予期せぬ事情でキャンセルしなければならない場合、キャンセル料の発生時期や金額が気になりますよね。

私も以前、友人との女子旅をるるぶトラベルで予約した際、仕事の都合でキャンセルしたことがあります。

その時は、キャンセル無料プランで予約していたのでキャンセル料を払わずに済みましたが、もしキャンセル料がかかっていたと思うと、宿泊費が高かったのでぞっとします。

そこで本記事では、るるぶトラベルのキャンセル料について、発生時期や金額、賢い避け方を詳しく解説します。

キャンセル料を把握しておかないと、高額な費用を支払うことになりかねません。
しっかりと理解して、万が一のキャンセルに備えましょう。

目次

るるぶトラベルのキャンセル料の仕組み

るるぶトラベルのキャンセル料は、宿泊施設や旅行プランによって異なります。

宿泊施設の場合、一般的に宿泊日の1~2週間前からキャンセル料が発生し始めます。

キャンセル料は、宿泊日が近づくほど高くなっていきます。

宿泊日の7日前から 無料
6日前から前日まで  宿泊料金の30%
当日キャンセル  宿泊料金の100%

直前のキャンセルほど高額になるため、やむを得ずキャンセルする場合は、早めの対応が肝心です。

ちなみに、旅行プランを予約したいと思ったときはJTBのサイトから予約が可能です。

旅行プランの場合、航空券やツアーのキャンセル料は、出発日に近づくほど高くなります。航空券のキャンセル料は、発券後に徐々に上昇し、出発直前にはほぼ全額を支払う必要があります。

ツアーのキャンセル料は、催行会社によって異なりますが、出発日の2週間前からキャンセル料が発生するケースが多いです。
プランごとにポリシーが異なるため、予約時に必ず確認しておきましょう。

キャンセル料の実例と計算方法

るるぶトラベルのキャンセル料は、宿泊施設によって異なりますが、具体的にどのように計算されるのでしょうか。

例えば、1泊2万円の宿泊プランを予約した場合、宿泊日の7日前にキャンセルすると、キャンセル料は0円です。

しかし、前日にキャンセルすると、6,000円(2万円の30%)のキャンセル料が発生します。当日キャンセルの場合は、行っていないのに全額の2万円を支払うことになり、悲しいですよね。

このように、キャンセル時期によって料金が大きく変わってきます。

キャンセル料を避けるための賢い方法

早めのキャンセル連絡

やむを得ない事情でキャンセルする場合は、できるだけ早く宿泊施設や旅行会社に連絡を入れましょう。
キャンセル連絡が遅れれば遅れるほど、キャンセル料は高くなります。

予約時にキャンセルポリシーを確認

キャンセル料が発生しないプランや、直前までキャンセル料が低いプランを選ぶのも賢明です。

一部の宿泊施設では、キャンセル料が発生しないプランや、宿泊日の前日までキャンセル無料のプランを提供しています。
こうしたプランを選ぶことで、予期せぬキャンセルにも対応しやすくなります。

旅行保険の加入検討

国内旅行の場合は国内旅行保険が適用され、基本プラン、キャンセル費用補償プラン、天災危険補償プランなどがあります。

キャンセル費用補償プランは、旅行のキャンセル料を補償してくれますが、補償の対象となる理由や金額には限りがあります。

多くの場合、本人やその家族の死亡、ケガ、病気、火災、風水害などの住居の損壊、裁判所への出頭や証人としての喚問、公共交通機関の遅延や運休などが補償の対象となります。

プランによって補償内容や補償金額は異なるので、旅行保険を比較検討する際は、しっかりと確認しておきましょう。

私のおすすめは、キャンセル料を手厚く補償してくれるプランです。
保険料は少し高くなりますが、もしもの時の安心感は大きいですよ。

キャンセル料に関するよくある質問

キャンセル料に関する疑問や不安は多くの方が抱えるものです。

キャンセル料は、るるぶトラベルの予約確認ページや予約確認メールに記載されています。

また、予約時に表示されるキャンセルポリシーにも詳細が記載されていますので、予約前に必ず確認しましょう。

直前にキャンセルが必要になった場合は、できるだけ早くるるぶトラベルのサポートに連絡しましょう。

場合によっては、宿泊施設との交渉でキャンセル料を減額してもらえることもあります。

緊急事態や自然災害など、特別な理由がある場合には、キャンセル料が免除されることがあります。

るるぶトラベルのサポートに状況を説明し、免除の可能性を確認してみましょう。

まとめ

  • 宿泊施設や旅行プランによってキャンセル料が異なります。
  • 一般的に宿泊日の1~2週間前から発生し始め、宿泊日が近づくほど高くなります。
  • キャンセル料は宿泊施設によって異なり、キャンセル時期によって料金が大きく変わります。
  • キャンセル料を避けるには、早めのキャンセル連絡、キャンセル料が発生しないプランの選択、旅行保険の加入が重要です。
  • るるぶトラベルのキャンセル料は予約確認ページやメールで確認できます。
  • 直前キャンセルは早急にサポートへ連絡が重要です。
  • 特別な理由がある場合は免除の可能性があるため、状況を説明して確認しましょう。

もしキャンセルが必要になっても、冷静に行動すれば、損失を最小限に抑えられるはずです。

賢く旅行を計画して、トラブルが少なくすめば最高ですよ。

キャンセル料の心配なく、安心して旅を楽しめるよう、しっかりと準備をしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次